​琉游舎は舎主の戸井出琉が主宰する未来のお寺です。複雑困難な現代社会のなかで皆さんの”やすらぎのところ”の一つになれば良いと、かつてのお寺が持っていた機能を現代に蘇らせました。琉游舎はお寺らしくないお寺です。宗教・宗派・人種・思想・老若男女全ての人に開かれたコミュニケーションスペースです。お寺の機能としては琉游舎で法要、ご供養を執り行っています。また舎主の戸井出琉が皆さんのご要望に応じて、葬儀場、ご自宅、墓所などどこにでもお伺いし法要・ご供養を行います。

併設している「アトリエ琉游舎」の機能は詳しくはアトリエ琉游舎のホームページをご覧ください。

 

​琉游舎について

舎主について

 

舎主の戸井出琉1958年生まれ。2016年9月まで広告代理店(株)電通に勤務。52歳の時に僧侶となることを志し出家し電通に勤務しながら修行する。早期退職をし身延山での結界修行を終え2017年5月19日に日蓮宗の准講師に任命される。5月20日にコミュニティースペース「アトリエ琉游舎」と未来のお寺「琉游舎」を創設。宗派の傘下にも属さず、檀家も持たない、みんなに開かれた、みんなのための未来のお寺の主宰者です。

戸井出琉は僧侶を職業としているものではありません。会社員生活34年の豊富な経験、大学で専攻したプラトン哲学などの知識、学生時代に主宰していた劇団や詩の同人誌で培った感性、この3つを元手にこの社会をあるがままに観て、あるがままに受け取り、その心のあるがままに行動することで、みなさんとともに”やすらぎのところ”に辿り着きたいと思っています。

 

この経験と知識と感性の元手が続く限り、未来のお寺、だれもが集えるコミュニケーションスペース「琉游舎」を主宰してまいります。

​琉游舎for healingの機能

 

★あなたの伴侶でありコンパニオンである大切なペット​のお葬式とご供養。

​★あなたの遊び友達の人形やおもちゃのご供養。

★あなたの大切にしている有形・無形あらゆるものへ魂を入れること(入魂)

★お別れをしなくてはならない有形・無形あらゆるものから魂を抜くこと(抜魂)

★琉游舎では法要を行う機能が備わっています。

★出張法要も行います。ご希望の場所(基本は栃木県内となります)に伺います。

​琉游舎の祭壇
​戸井出琉
​琉游舎内部

​琉游舎の祭壇についてはこちらをどうぞ